美容ライターが選ぶ
プラセンタランキング

プラセンタ好き美容ライターがオススメする
サプリメントとプラセンタの選び方、
モテるアラフォー美人になるためのノウハウをご紹介

いくつもの効果を1本で発揮するプラセンタ美容液や化粧水などの魅力 4つのポイント

スキンケアにプラセンタは必要?

201601_06女性の“美”において、プランセンタは欠かせない存在となっています。特に、エイジングケアに敏感な女性にとって、プラセンタ美容液や化粧水などは手放せない必需品となるでしょう。

一般的な美容液や化粧水などであれば美白や保湿などの効果を一度で済ませることができないため、何種類かを組み合わせて使用しなければなりません。
しかしプラセンタ美容液や化粧水などの場合、一度で保湿や美白、アンチエイジングなどの効果を期待できるというメリットが考えられます。

では、どのような効果が期待できるのか、プラセンタの優れた魅力について確認していきましょう。

メラニン色素の発生を抑える

■お肌のシミやくすみを抑える働き
くすみやシミの原因となるメラニン色素。チロシナーゼという酵素が活性することでメラニン色素が生成され、やがてシミやくすみになります。
プラセンタはチロシナーゼの活性を弱くし、メラニン色素の発生を抑え、美白を高める効果が期待できる優れもの。
一般的な美容液や化粧水などでは困難な皮膚への浸透も、プラセンタがチロシナーゼに直接作用することでメラニン色素の発生を抑えやすくなります。

肌の酸化を防ぐ成分が豊富

201601_06a■お肌の老化現象を抑える働き
肌を老化させてしまう原因は酸化です。紫外線や食生活の乱れによって活性酸素が発生し、皮膚の細胞を酸化させてしまうことが肌の老化を早める理由。

プラセンタにはビタミンCやE、ビタミンB、ミネラルやペプチドなどが含まれているため、活性酸素の発生を抑える効果(抗酸化作用)が期待できます。
そのほかにも、抗酸化作用の働きを強めるスーパーオキシドディスムターゼ(SOD)やスーパーアクティブアミノ酸(SA)なども含まれており、エイジングケアにとって大きな魅力。
肌の酸化は“肌がサビていく”現象なので、抗酸化作用の働きを強くして肌がサビていくのを防ぐ必要があります。

優れた抗酸化作用が期待できるエイジングケアが、若々しい肌を保つための秘訣と言えるでしょう。

必須アミノ酸が豊富

■お肌の保湿や潤いを保つ働き
肌の表面を覆う皮を表皮と言いますが、表皮は肌の潤いを保つ大切な役割があります。そして、肌の保湿力を高めているのが、「天然保湿成分・NMF」という表皮の角質にある細胞。
NMFの働きが良ければ良いほど、肌の潤いは保たれるというわけです。そのため、NMFが栄養不足になると保湿力が下がってしまい、お肌の乾燥原因に・・・。

NMFの働きを良くする栄養素はアミノ酸です。プラセンタのアミノ酸がNMFの働きを促し、保湿力が上がることで肌の潤いが高まる効果を期待できます。

成長因子が細胞の分裂を促進

201601_0b■お肌のターンオーバーを早める働き
お肌の新陳代謝を高め、ターンオーバーを早めることが若々しい肌をキープする秘訣。お肌の新陳代謝を良くするには、表皮の細胞分裂を促進させる必要があります。
ターンオーバーに働きかける成分として注目されているのが「上皮細胞増殖因子・EGF」。プラセンタには成長因子も含まれており、EGFも含まれています。

プラセンタに含まれるEGFを肌が吸収し、肌組織の細胞分裂を促進させ、ターンオーバーを早める効果が期待できるのです。
エイジングケアにとって肌のターンオーバーは非常に重要な役割があるため、プラセンタに含まれる成長因子が若々しい肌を保つためのポイントですね。

保湿、美白、メラニン色素の発生を抑える、抗酸化作用を高めるなど、いくつもの効果が一度で期待できるプラセンタ美容液や化粧水など。
アンチエイジング対策はもちろんのこと、年齢に関係なく優れたスキンケアを発揮するプラセンタは今後ますます注目を集めるでしょう。
ただし、プラセンタ美容液や化粧水などを選ぶ際にも注意点があります。「プラセンタと書いてあれば何でもいいというわけでありません。
プラセンタの働きを美容効果に期待するのであれば、“プラセンタがどれだけ含まれているか”その濃度が重要です。

「プラセンタ配合」と表記されていても、ほんの数%しか含まれていない、さらにはプラセンタ1%未満なんてこともあります。

「○○%配合」「○○mg配合」とプラセンタの濃度をアピールしている美容液や化粧水もありますが、そういった記載がない商品は購入前にセルフチェックをしてみてください。
ポイントは、原材料の表示欄でプラセンタが先頭から何番目に表示されているか、がひとつの判断基準となります。

原材料は含有量の多い成分から順に表示されているので、たとえば「水」が一番先に表示されている商品は主成分が水ということになり上質なプラセンタ美容液ではない可能性が高い、と判断することができます。
また、プラセンタエキスの抽出方法でも品質に差が生じるので要チェック。どのような方法で抽出したプラセンタであるかを正しく確認し、良質なプラセンタ美容液や化粧水などを選びましょう。
酵素分解法で抽出したプラセンタが主流となっていますが、生プラセンタや純度100%の非分解プラセンタなど新しい製法で抽出されたプラセンタは濃度が高く、近年注目を集めています。

プラセンタは何となく美容に良いイメージというだけで、本当のパワーまでは知らない・・・という人も多いのが現状。
まずはプラセンタについて、ちゃんと理解することから始めてみてはいかがでしょうか。

Specialコンテンツ[PR]

美魔女アラフォーの新定番!プラセンタサプリ【ステラマリア】でエイジングケア!

もう“老け顔”なんて言わせない!ファンケルがエイジングケアに適している3つの根拠

アラフォーからの美白ケアの救世主!富士フィルムの美容液が話題

関連記事