美容ライターが選ぶ
プラセンタランキング

プラセンタ好き美容ライターがオススメする
サプリメントとプラセンタの選び方、
モテるアラフォー美人になるためのノウハウをご紹介

プラセンタはやっぱり国産が良いの?国産プラセンタサプリのメリットとは?

201607_04aプラセンタを選ぶ際、注目したいポイントが原産国について。つまり、プラセンタの原料が国産であるか、ということです。

そもそもサプリメントの原料として日本で認められているのは豚と馬のプラセンタのみ。植物由来や海洋生物などの原料も見かけますが、それらはプラセンタではありません。

国産プラセンタのメリット

一概には言えませんが、国産プラセンタのメリットは安全性の高さが第一です。もちろん海外製でも安全面をクリアした商品はありますが、そうでない商品があることも確か。

その点、国産の原料は農林水産省の審査や食品衛生法、JASなど厳しいチェックをクリアした商品のみが販売されるため、しっかり人体へのリスクが考慮されています。

しかし、人体へのリスクはなくても粗悪な原料を使っているメーカーもあるようで、安全性は高くても効果が期待できないサプリメントを販売している業者もいて残念です。

理想的な条件は、品質の良い国産の原料を使い、なおかつクオリティの高い製造方法で安全性や衛生面をクリアしたプラセンタサプリが好ましいと言えるでしょう。

チェックポイント1 原料は?

201607_04b豚の胎盤が原料の場合、注目すべきは「SPF(無菌状態で飼育)」であるか否か。SPF豚は、その名のとおり、豚の健康に悪影響を与える特定の菌が存在しない豚のことです。

国内において安全性が高い豚として食用に多く用いられており、農林水産省の厳しいチェックを合格した豚でなければSPFとして認められません。

言うまでもありませんが、SPF豚の基準をクリアした原料であれば安全面や衛生面について安心できますし、「国産+SPF豚」の価値は大きなメリットと考えられます。

参考:SPF豚とは?(日本SPF豚協会)

チェックポイント2 抽出方法は?

せっかく優れた原料を使っていても、抽出方法が低レベルならプラセンタの効果が半減してしまいます。思う存分プラセンタの有効成分を抽出するには、「純度100%」がベスト。

その手法として適しているのが、「非分解」で豚の胎盤からプラセンタを抽出する方法です。

非分解であれば胎盤の働きや機能を壊すことなく、さらには栄養素や有効性も損なうことなく抽出できるため、高品質な純度100%のプラセンタとなります。

どれだけ「高品質」とキャッチコピーがあっても、結局のところ純度が低ければ実質的な効果も低くなるでしょう。とても重要なポイントなので、ぜひ覚えておくと便利です。

参考:優れたプラセンタサプリメントは「非分解製法」と「腸溶性カプセル」がポイント!

チェックポイント3 原材料の表記は?

製造食品の品質を定めた規格“JAS”では原材料の表示についても厳しく管理しており、条件の一つに、原材料の表記に関するルールがあります。

そのルールとは、「多く含まれている原料から順番に記載する決まり」です。つまり、プラセンタサプリなのに原材料の表記がプラセンタから始まっていない商品はNGですよね。

もっと粗悪な商品になると、製造過程で添加物を混ぜて完成させるケースもあります。ビタミンやアミノ酸などの添加物を混ぜてプラセンタを“かさ増し”している商品もあるので要注意。

そういった点でも、純度100%のプラセンタが原料なら“かさ増し”の心配もなくて安心です。

チェックポイント4 殺菌処理の方法は?

201607_04c一般的なプラセンタは120度の高温加熱で殺菌処理を行いますが、これではプラセンタのタンパク質が壊されてしまい、せっかくの有効成分が台無し。

そこで注目すべきポイントは、「遠赤外線による低温加熱での殺菌」をチェックしましょう。

長い時間をかけて低温加熱で殺菌するのでコストはかかりますが、プラセンタのタンパク質や有効成分を壊すことなく殺菌できる方法です。

遠赤外線による低温加熱で殺菌したプラセンタサプリであるかも、見逃してはいけない重要なチェック項目ですよ。

以上、国産のプラセンタに関するメリットと、プラセンタサプリを選ぶ際の4つのポイントについてご紹介しましたが、いずれも「高品質」なプラセンタサプリに共通する条件です。

原料の産地を確認することも大事ですが、原料そのものの安全性や品質、プラセンタの抽出方法や製造方法も正しくチェックし、高品質なプラセンタサプリを選んでくださいね。

Specialコンテンツ[PR]

美魔女アラフォーの新定番!プラセンタサプリ【ステラマリア】でエイジングケア!

もう“老け顔”なんて言わせない!ファンケルがエイジングケアに適している3つの根拠

アラフォーからの美白ケアの救世主!富士フィルムの美容液が話題

関連記事