美容ライターが選ぶ
プラセンタランキング

プラセンタ好き美容ライターがオススメする
サプリメントとプラセンタの選び方、
モテるアラフォー美人になるためのノウハウをご紹介

綺麗なアラフォーになるために!アラサーから意識したいエイジングケア

201607_02aアンチエイジングと聞いてイメージするのはスキンケアですが、それと同じくらい“きれい”を保つために必要なのが体の内側をエイジングケアすること。

アラフォーになっても美しさをキープするには表面上の美容だけでは不十分です。健康面からのアプローチも重要になりますし、ライフスタイルの見直しも必要になるでしょう。

また、美しい40代になるためにはアラサーのうちから意識的にエイジングケアに取り組むことも大切です。どのようなケアを意識して行えばよいか、そのポイントをご紹介します。

ホルモンバランスを整えるケア

年齢を重ねるとプロゲステロンやエストロゲンといった女性ホルモンの分泌が減少し、ホルモンバランスや自律神経が乱れやすくなります。

そうすると、健康や美容に様々な悪影響をもたらすリスクが高くなり、更年期障害やPMS症候群など厄介なトラブルのもと。

ホルモンバランスが乱れると、
・月経不順
・免疫力や治癒力の低下
・肌の保水力が低下し、ハリがなくなる
・髪が抜けやすく細い毛になる
・基礎代謝が低下し、コレステロールが増加
・物忘れがひどくなる
・頭痛、腰痛、関節痛、肩コリの原因
・吹き出物や乾燥など肌トラブルが多くなる
・不眠がちになり睡眠の質が悪くなる
・イライラしやすく、ストレスが溜まりやすい
・モヤモヤを抱えやすく、不安症になりやすい

このように健康面に影響が出ると当然ながら美容にも悪い影響を及ぼすでしょうし、理想的なエイジングケアとは言えませんよね。

ホルモンバランスを整える成分を積極的に摂取して、しっかり体の内側をケアすることが大事。毎日の食事や不健康な生活習慣を見直し、健康的なライフスタイルを心がけましょう。

・ビタミンE・・・プロゲステロンの分泌をサポートする
・ビタミンB6・・・エストロゲンの働きや分泌をカバーする
・ビタミンB群・・・ホルモンバランスの乱れを整える
そのほか、大豆イソフラボンや亜麻リグナン、レッドクローバーなども効果的

お茶を習慣的に飲む

201607_02b水分はダイレクトに体に入ってくるため、体に良いものを飲めばOKですし、あまり好ましくない飲み物はNG。つまり、人間の体は水分でできているので影響されやすいんです。

健康的な飲み物の代表といえば、まず一番に思い浮かぶのが「お茶」ではないでしょうか。言うまでもありませんが、お茶は体に良い飲み物です。

のどの渇きを潤すときや水分を補給する際はエイジングケアに効果が期待できるお茶を飲んで、糖質の多い飲料や化学的につくられたドリンクなどは避けるようにしたいですね。

・黒豆茶
抗酸化作用と美白効果が期待できて、血液をサラサラにする黒豆茶。白髪を予防する効果も期待できるので、ぜひエイジングケアに活用したい飲み物。

・ローズヒップティー
原料の品質によって異なりますが、レモン20~50倍のビタミンCが含まれている不思議なお茶。美白効果、肌の弾力、抗酸化作用、ターンオーバーを整える作用などが期待できます。

・緑茶(カテキン)
スーパーモデル“ミランダ・カー”も愛飲するほど美容に良い緑茶。カテキンには基礎代謝を高める作用や抗酸化作用、美白効果や肌の乾燥対策にも効果が期待できるそうですよ。

・ルイボスティー
むくみや便秘の改善、デトックス効果や抗酸化作用が期待できるルイボス。さらに、肌の再生力を促す成分は必見。腸内環境の改善にも役立ち、女性に嬉しい効果が詰まった一杯と言えるでしょう。

さて今回は、アラサーから意識したいエイジングケアについて2つのポイントをご紹介しましたが、スキンケアと同じくらい体の内側にも気を配ってくださいね。

アラフォーになっても美しさをキープするには表面上の美容だけでは不十分。健康面も意識しながらケアし、エイジングケアに好ましい習慣を心がけてみてはいかがでしょうか。

Specialコンテンツ[PR]

美魔女アラフォーの新定番!プラセンタサプリ【ステラマリア】でエイジングケア!

もう“老け顔”なんて言わせない!ファンケルがエイジングケアに適している3つの根拠

アラフォーからの美白ケアの救世主!富士フィルムの美容液が話題

関連記事