美容ライターが選ぶ
プラセンタランキング

プラセンタ好き美容ライターがオススメする
サプリメントとプラセンタの選び方、
モテるアラフォー美人になるためのノウハウをご紹介

メラニン色素を防いで美白効果!どんな美容液を選べばいい?

美白の大敵はメラニン色素と酸化

201602_02
肌の美白にとって厄介なトラブルがシミやくすみ。皆さんは、シミやくすみの原因をご存知ですか?

シミやくすみの発信源となるのが体内にあるチロシナーゼという酵素です。チロシナーゼが活性すると、やがてメラニン色素が作り出されます。
メラニン色素が定着し、シミやくすみとなって肌の表面に表れるのです。これって、だいぶ厄介な問題ですよね。

もうお気づきだと思いますが、つまり、メラニン色素の発生を抑えることができればシミやくすみも防げるという理論。
メラニン色素の発生を防ぐためには、発信源のチロシナーゼを黙らせておく必要があります。美容液の成分を確かめる際には、このポイントも重要ですから覚えておいてくださいね。

でも、それだけではありません。肌を老化させてしまう原因には酸化もあります。

紫外線を浴びたり偏った食生活などが原因となり体内で活性酸素が発生し、皮膚の細胞を酸化させてしまうことで肌の老化を早め、シミやくすみをつくります。
では、具体的にどのような成分をチェックすべきか、それぞれ確認していきましょう。

<シミやくすみを予防する成分>
・プラセンタに含まれるミネラルや活性ペプチド、ビタミンC・B・Eなど
・ビタミンC誘導体、アルプチン、カモミラETなど

<紫外線のダメージを軽減する抗酸化作用が期待できる成分>
・プラセンタに含まれるSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)やSA(スーパーアクティブアミノ酸)、ビタミンEなど
・ビタミンC誘導体、エラグ酸、ポリフェノール

<表面に表れたシミやくすみを抑える成分>
・プラセンタに含まれる成長因子(FGFやEGF)がセラミドに作用する
・ハイドロキノン、AHA、レチノールなど

<ビタミンとミネラル>
ビタミン各種とミネラルは美容のベース。もちろん美白にも欠かすことのできない成分です。食事で不足しがちになるのなら、サプリメントを飲んででも補う必要があります。

201602_02aメラニン色素を予防する美容液を選ぶ際に気を付けるポイントは、ちゃんと肌に浸透する美容液かを確かめること。

たとえば水溶性の美容液だと肌の表面(表皮)で留まってしまい、内側(真皮)まで浸透しにくいという性質がありチロシナーゼに直接作用しない可能性が高いです。
たとえばプラセンタを例にすると、プラセンタ美容液は脂溶性なので表皮を通過して肌の内側(真皮)まで浸透しやすい性質をもっています。
メラニン色素の発生を抑えたいなら、チロシナーゼに直接作用する美容液を選ぶこと!

さらに、優れた抗酸化作用の成分が入った美容液を選んで使うこと。そして、体内から美容効果を高めるためにビタミンやミネラルを十分に摂ること!!

この3つが、シミやくすみを予防して美白効果を高めるエイジングケアと言えるでしょう。

プラセンタが美容に活用されている理由

201602_02b一般の美容液とプラセンタを比べたとき、その大きな違いは含まれている成分です。

一般の美容液は保湿したり紫外線のダメージを予防したりする成分が配合されていますが、プラセンタ美容液の場合は細胞の活性を促す成分が主成分であること。

プラセンタには細胞分裂や細胞増殖を促す成長因子が含まれており、ターンオーバーを早めたり肌組織の新陳代謝を良くしたりして体内の働きを高める効果が期待できるのです。
それだけではなく、一般的な美容液にも含まれているメラニン色素をコントロールする働きもプラセンタには備わっています。

酸化の原因となる体内の活性酸素を除去するSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)やSA(スーパーアクティブアミノ酸)、チロシナーゼの発生を抑える成分、細胞の増殖を促す成長因子などが同時に含まれているのは良質なプラセンタだけ。
それにプラスして、須アミノ酸や活性ペプチド、ビタミン各種やタンパク質、ミネラルやムコ多糖体、核酸など貴重な成分が約5000種類も詰まっていることがプラセンタの特徴と言えますね。

美白や美容効果を高める美容液を選ぶ際には、しっかりと成分を確認してから使う必要があります。今後のスキンケアの、ぜひ参考にしてくださいね。

Specialコンテンツ[PR]

美魔女アラフォーの新定番!プラセンタサプリ【ステラマリア】でエイジングケア!

もう“老け顔”なんて言わせない!ファンケルがエイジングケアに適している3つの根拠

アラフォーからの美白ケアの救世主!富士フィルムの美容液が話題

関連記事