美容ライターが選ぶ
プラセンタランキング

プラセンタ好き美容ライターがオススメする
サプリメントとプラセンタの選び方、
モテるアラフォー美人になるためのノウハウをご紹介

馬プラセンタと豚プラセンタ徹底比較!成分・効果はどっちがよい?

プラセンタを摂取するとき、どんなプラセンタを摂取するかが大切です。そこで比較対象となるのが、馬プラセンタと豚プラセンタですね。それぞれの特徴と成分、プラセンタとしての効果についてご紹介します。

馬プラセンタとは?

馬プラセンタは、馬の胎盤から抽出されるプラセンタエキスのことです。1年に1頭しか出産しないため、プラセンタも1年に1度のみ抽出されることになります。体温が高い馬は寄生虫が住み着いてしまう心配も少なく、狂牛病になることもありません。また馬はアレルギーも少ないというのが特徴です。

豚プラセンタとは?

豚プラセンタは、豚の胎盤から抽出されます。豚は1年に何度も、何頭も出産することからたくさんのプラセンタが抽出可能です。たくさん抽出される分世の中に出回る量も馬に比べて多いです。

馬プラセンタと豚プラセンタの違い

・アミノ酸の量
アミノ酸はお肌のハリや潤いのために欠かせない成分です。馬プラセンタと豚プラセンタで比較すると、少し馬プラセンタのほうが多いかな…というぐらいしか変わりません。以前は馬プラセンタのほうがアミノ酸の量は多いといわれており、なんとその量は300倍近く…とされていたこともあったのですが、最近はそこまで差があるとは思われていません。

また製品によって違いもあり、基本的に馬プラセンタのほうが少し多いですが、中には豚プラセンタのほうが馬プラセンタを上回っている場合もあります。

・安全性
馬は丈夫だから馬のプラセンタのほうが安全性は高いという声もありますが、実際には豚プラセンタのほうが多く流通しています。豚プラセンタの場合、確かに予防接種によるワクチンや薬剤を使用していることもあり、その影響が心配されます。

しかし、豚プラセンタでも安全性が高いものもあり、そういった豚をSPF豚といいます。しっかりと管理して飼育されている豚から抽出されるプラセンタであれば、安全性は抜群です。

・量
馬プラセンタはとても希少といわれています。一方で豚は出産する回数も多いことから、豚プラセンタはたくさん作ることができます。希少性を求める人は馬プラセンタを求めるかもしれませんが、やはり量も必要です。なかなか手に入らない…では困ってしまうので、流通している量も多くて手に入りやすい豚プラセンタをおすすめします。

一般的な感覚としては、馬のほうが質が良くて希少性が高い…というようなイメージになってしまうのですが、大事なのは馬か豚かではなく、そのプラセンタが本当の質がいいのか、効果が高いのか…ということです。

どれだけ馬のほうがいいと思って探していても、実はかなりプラセンタとしての能力が低いプラセンタだった…という可能性も十分ありえます。

ここで注目したいのは、成長因子ですね。成長因子とは、細胞分裂を促進してくれるものです。成長因子はプラセンタであれば馬も豚もそれほど変わらないのが現状です。それであれば、手に入りにくい馬ではなく、手に入りやすい豚プラセンタを選びたいですね。

また、もう一つは安全性です。馬のほうが安全というようなイメージもありますが、これもプラセンタ次第ですね。馬でもずさんな管理しかされていない場合は安全性が低くなります。豚でもしっかりと管理されている豚であれば、馬プラセンタよりも安全性が高いといえます。どこで製造されているか、どんな生産地か、といった確認もしておくと安心です。添加物があるかどうか…といったチェックもしておいてくださいね。

ちゃんと自分が摂取するものとして考え、質がいいものを選びましょう。手に入りやすく、しっかりと管理されている豚が、毎日継続して摂取するにはおすすめです。

Specialコンテンツ[PR]

美魔女アラフォーの新定番!プラセンタサプリ【ステラマリア】でエイジングケア!

もう“老け顔”なんて言わせない!ファンケルがエイジングケアに適している3つの根拠

アラフォーからの美白ケアの救世主!富士フィルムの美容液が話題

関連記事